業務内容

特許調査サービス

① 検索式作成

漏れの無い母集団を抽出するため、IPCやキーワード等を使用して検索式を作成しますが、各国のIPC付与状況が異なるため、過去の調査経験に基づき使用IPCを特定しています。また、中国・台湾・韓国・日本・欧米各国の検索では商用データベースを使用しており、更に母集団を絞り込むため、中国・台湾・韓国については、出来るだけ原語のデータベースを使用し、原語の分かる技術者が原語に合ったキーワードを使用して検索式を作成しています。

② テーマ調査(スクリーニング)

作成した検索式により抽出した母集団を専門の技術者がスクリーニング致します。
スクリーニングはできるだけ原語のわかる技術者が原語で行いますが、ファミリー調査により対応特許を取得して、日本語・英語で行う場合もあります。
報告書は、ヒットした特許の「書誌事項」+「原語公報」+「対応特許(日本語又は英語)」+「書誌事項のエクセルデータ」を作成します。

③ IPC、出願人による抽出

指定されたIPC、出願人で調査・抽出した結果をご報告いたします。
報告書は、ヒットした特許の「書誌事項」+「原語公報」+「対応特許(日本語又は英語)」+「書誌事項のエクセルデータ」を作成します。

④ 統計・解析調査

特定の出願人の分野別特許出願状況・件数等を、ご希望の内容に合わせてまとめます。

⑤ 対応特許調査

テーマ調査後に抽出された特許、又は指定された特許について、該当特許が特定国に出願されているか調査しますが、優先権情報以外にも、当該出願人の出願特許全てを確認してご報告します。
報告書は、「当該国の該当した公報」+「ご希望により最新の特許請求の範囲を現地より取り寄せ添付することも可能です。」
*各国公報にはクレームの記載のない国がほとんどです。

⑥ ステータス調査

指定された特許についてステータス(審査状況、特許ステータス、年金支払状況等)を調査致します。
各国特許庁のデータベースから調査できる場合もありますが、最新ステータス情報の更新時期、最新の年金の支払い状況等を把握するには現地特許庁へ照会する必要があります。
報告書は「公開から現在までの審査状況」+「(存続している場合)最新の特許請求の範囲」でご報告いたします。

⑦ SDI調査サービス

②~⑥の調査を継続的・定期的にご報告いたします。

その他の調査サービス

上記①~⑦の特許の調査のほか
・タイ実用新案
・タイ意匠
・ベトナム意匠
の調査もお受けいたします。

情報サービス

① テーマ別日本特許情報サービス(SPS)(週刊の弊社企画情報)

「医薬編」「農薬編」「食品編」「化粧料編」「バイオ編」
本情報誌は上記テーマを経験豊富な技術者が抽出基準に基づき抽出し、独自のSPS分類を付与した上で、DVD公報発行から2週間で、発行しています。

② オーダーメードによる速報誌作成

顧客の希望する、テーマについて、全件を対象にスクリーニングを行い、独自の社内向け特許速報誌を作成しています。

③ アジア各国特許データベース

弊社所有の各国公報から公報情報をデータベース化しています。
各国公報から全件書誌事項の翻訳を行い、IPCをファミリー調査により補遺し、データ化しています。
・タイ公開特許
・タイ実用新案
・タイ意匠
・インドネシア公開特許
・マレーシア公告特許

④ 鉄合金成分解析データベース

国内鉄鋼企業からの要求により鉄合金の成分データをデータベース化しています。
・日本登録特許
・日本公開特許
・米国登録特許
・米国公開特許