沿革

情報管理研究社は、企業の知財戦略のサポータとして、化学、化粧料、食品、医薬を中心に事業を展開してきました。また、産業のグローバル化に合わせ、特にアジア地域の知財情報についてノウハウを蓄積してきました。

1965年4月23日 企業向けの内外特許・技術文献の社内流通用速報誌編集を主業務として設立(千代田区日比谷)
1966年 社屋を、千代田区日比谷から港区青山に移転
1968年 日本特許「触媒解析資料」発行
1970年 日本特許「バイオパテントインデックス」バイオ解析資料発行を発行
1971年 社屋を、港区青山から渋谷区代々木に移転
1991年 アジア特許問題研究会を開催
・アジア各国の出願状況に関する講演会開催
・今後の調査体制のヒアリング
1992年 アジア各国特許制度の海外視察実施、各国公報を取得開始
特許情報フェアへの出展を開始(毎年)
1993年日本特許素材別解析速報誌(SPS)を発行開始
1994年 国際戦略特許速報(中国機械編・化学編、タイ編、マレーシア編、インドネシア編)を創刊
1997年 「PCTからみた各社の特許出願戦略」を発行
1999年 国際戦略特許速報を廃止し、オーダーメイド速報誌(SDI)に移行
タイ公開特許、マレーシア公告特許、インドネシア公開特許のデータベース化を開始
2007年 鉄合金解析データの提供を開始
2016年 タイ意匠、タイ小特許データベース化を開始
社屋を、渋谷区代々木から新宿区四谷に移転